†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

ドクターストップがかかる程 「恋落ち」してるわってやっぱ凄いわ

2月の大雪はなかなかどうしてだったな
と云っても特に困るような事もなかったんだが
深夜2時の夜空が曇天ぐらいの明るさがあったのには密かに興奮した

20140215020346.jpg

オリンピックは
案外、夏季より冬季の方が面白いかも、と今回初めて思った
元々アルペンの滑降とかスーパー大回転とかのスピード系は好きだったんだが
4人でレース形式で競うスキークロスとか一見地味なクロスカントリーとかも
抜きつ抜かれつの駆け引きや技術の応酬があって面白いし
新種目のスロープスタイルも順位関係なく単純に派手で観ていて興奮した
あと、今回初めてルールを勉強したアイスホッケーも
サッカー同様かなり細かい戦術戦略を練りながらプレイしていて
更にそれを実践するパワーとスピードが他のスポーツと比べても圧倒的で
試合をきちんと観たのは今回初めてだったんだがかなり面白く観れた
あれはアイスホッケーにもオフサイドがあるっていうのを知りながら観るだけでもだいぶ見方が変わるな
ちなみに
前回のバンクーバーオリンピックは
全ての競技の動画をYouTubeに上げているもんだから
2月はソチだけでなく、ついつい4年前のバンクーバー分も夜更かしして延々と観てしまった
中でもアイスホッケーの男子決勝アメリカvsカナダは超絶おすすめ
Men's Ice Hockey Gold Medal Match | Vancouver 2010 Winter Olympics
時間があればNHLとかも観てみたくなったわ

さよならバウスシアター、最後の宴
家から近いし趣味も合うからよく行く映画館だった吉祥寺バウスシアターが5月31日に閉館
まぁもう何も云うまい
とりあえず最後の爆音映画祭だけは何としてでも行かねば

そしてそして
俺らの寺田が喉頭ガンとはな
これはもうマジで真面目にハロプロ存亡の危機ですわ
恐らくハロプロっぽい曲を書くだけなら卓偉やはたけでも書けるだろうが
あの乙女な世界観全開の変態歌詞が書けないのが究極的に痛い
寺田早く元気になってあのうざいコーラスを存分に聞かせてくれよ寺田..



一応やっておきたい2013年のコミックBest10
ということで
今回は何とか全て2013年発刊の漫画で揃えてみた
が正直、毎年同じ作家ばかりだなと
なんで今年こそは70年代以前の漫画を積極的に読んでいきたい

51631631631634161631.jpg
原泰久「キングダム」
2012年に引き続き文句なしに今一番面白い
何も語ることはない、読んでない人は読め

famfjfIJS.jpg
東村アキコ「かくかくしかじか」
ギャグ漫画家の自叙伝的な作品なんだが
この作品に限ってはセンチメンタル度数高め
けどギリギリ湿っぽくならないところで踏みとどまっているのが素晴らしい
自分的には宮崎弁も懐かしい

51aqtPnkswL.jpg
松本大洋「sunny」
心の襞を丁寧かつ大胆に描きまくり
もう超オススメ

51eL2FN3tqL.jpg
ヤマシタトモコ「恋の話がしたい」
中編、短編、描き下ろしのBLもの
中でもクスっと笑える「フェブラリー・メッセンジャー」が最高
ヤマシタトモコはBLなのに笑いがあるのと白い背景が多いのと黒目が小さい釣り気味の目が好き

51M5BhmWyPL.jpg
青野春秋「五反田物語」
「俺はまだ本気出してないだけ」の作者が描くモラトリアムな短編集
画や話のテンポが「ショムニ」の安田弘之にかなり似ている
個人的にはもう少し毒気があってもいいような気がするがなかなか良い

51Jz4YXRb7L.jpg
沙村広明「ベアゲルター」
エログロギャグバイオレンスオンパレードの完全B級アクション漫画
作者がやりたいことやりまくってて読んでる方も気持ちがいい
次巻早よ

51YeH84wehL11.jpg
志村貴子「放浪息子」
遂に完結
アニメ化された際は一部で物議もあったようだが
トランスジェンダーものの漫画としてはひとつの到達点だと思う
次は「かわいい悪魔」みたいなポップな短編集を希望

41FzBs330LA30.jpg
渡辺ペコ「ボーダー」
まだ1巻しか出ていないがこれもトランスジェンダーもの
特段そういうのが好きな訳でもないんだが
女性作家の群像ドラマとなると流行り的にこういうのが多くなるっぽい

61NTlDCv2WL.jpg
三宅乱丈「光圀伝」
水戸光圀の生涯を大胆に描く歴史もの
面白くなるのはこれからだろうがもっとぶっ飛んだ展開というか演出が欲しい
ちなみに同作家の「イムリ」は展開があまりにダラけ過ぎで切った
原作ものではあるが「ぶっせん」「ペット」並みの爆発力を今後期待

61pG8UUqeL.jpg
荒木飛呂彦「ジョジョリオン」
安定のアイデアと独特の画力
ちょっとした破綻なんて当たり前
どこか一瞬でもカッコ良いと感じられたらそれですべてが収まる
もはや伝統芸の域ですわ
あと2013年は岸部露伴の短編集も普通に面白かった

とまぁこんな感じか
とにかく去年後半から本格的にハロに色々と持っていかれているので
今年はもう少し漫画映画小説に力を入れていきたいが
ま、無理だな ^q ^



打海文三「ハルビン・カフェ」
冲方丁/三宅乱丈「光圀伝」1-2巻
阿部共実「空が灰色だから」
吉田丸悠「きれいなあのこ」
吉沢潤一「ギャル男vs宇宙人」
高橋慶太郎「デストロ246」1巻
雲田はるこ「昭和元禄落語心中」5巻
吾妻ひでお「失踪日記2 アル中病棟」
古泉智浩「夕焼け集団リンチ」
KREVA「心臓」
岡村靖幸「DATE」
Peter Van Hoesen「Life Performance」



久し振りに岡村靖幸聴きたくなって聞いたけどやっぱ面白い、最高
そしてこの「SWEET MEMORIES」は本家を超えているわ
ただただ可愛らしさの一点で

スポンサーサイト
Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

死んでも構わぬ 全てを差し出す価値がある

折角買ったプレステ3を放置気味だったんで
プレイ動画を見て面白そうだった「Skate 2」というスケボーゲームを買ったんだが
なんだろこのゲーセンでパチンコやってる感は
同じゲームでも車やモビルスーツに乗ったりスポーツものとかは普通に楽しめるのに
なんでスケボーだとこんなにつまらないんだろな
まぁ、リアルじゃなくてゲームでスケボーをやることがそもそもおかしいし
オフラインだと完全に独りよがりで競争がないからとかそんなとこか
確かに、基本的に延々と一人で道や公園でトリック決めたりジャンプしてるだけだし
交差点で車に轢かれても2秒後には立ち上がって滑りだしてるしな..
なんかプレステ3買ったのにいまだにしっくりと楽しめてないわ
とりあえず次は
知り合いに借りたメタルギアソリッド4でもやるか
ヘビ年だけに



最早3月ではあるが気にせず2012年のマンガベスト10をば
ま、本来こういうのはあまり知られていない作品を掘り出し物的に紹介しますよとか
自分の世界観や感性を表現すると面白いかは別にしてこういう作品を選んじゃいますてへぺろ
みたいな機能というか意図があると思うんだが
別にマニアというほど量もジャンルも読んでないし誰かにセンスをアピる必要もないんで
今年も面白みのないメジャーなものばかりを堂々と選出
それでも未読で気になるものがあれば気まぐれに読んでいただければよろしいかと
ちなみに
胸を張っておすすめ出来る2012年発売の10作品を選ぶのが難しく
2012年に買った過去の作品も入ってるので悪しからず
ということでどうぞ


5456864jbjk.jpg
原泰久「キングダム」
中国の春秋戦国時代を舞台にした王道の戦争大河マンガ
正直、今一番次巻が出るのが待ち遠しいのがこれ
現時点で29巻まで出ていて最近は戦闘より戦略がメインになってきたがまだまだ俄然面白い
NHKでアニメ化もされており文句なく超絶おすすめ


515616knjk.jpg
真造圭伍「森山中教習所」
がっつり青春が前面に出ている青臭い作品は苦手なんだが
これはぎりぎりのところでそういうのを抑えてあり併せて世の中の不条理な部分も見せつつ
画のタッチも構成も台詞もさらっと恰好良くてこれもかなりのおすすめ
ちなみに先週から週刊スピリッツで新連載が始まっているので良ければそっちも要チェック


45454f1d3z.jpg
遠藤浩輝「オールラウンダー廻」
総合格闘技もの
ただ、格闘マンガにありがちな
過度にドラマチックなストーリーや行き過ぎたキャラクター設定、格闘哲学や根性論などを
あまり重視していないドライな描き方が割と新しい
技の掛け方や外し方、試合時の駆け引きなどについて淡々と解説しつつ
たまに軽いコメディ要素も挟むポップな展開の格闘マンガ


dg54x5xg1gx.jpg
東村アキコ「主に泣いてます」
多作の作者には他にも「かくかくしかじか」や「海月姫」もあるが
やっぱ一番面白くてかつぶっ壊れているのがこれ
分かるか分からないかギリギリのボケを気にせず矢継ぎ早に放り込んでくる姿勢が非常に良い
あと作者のルックスも嫌いじゃないぜ


321g31g3.jpg
黒田硫黄「茄子」
昔、斜め読みしていまいちピンと来なかったがなぜかその後もずっと気になっていた作品
で、今更ながらちゃんと読んだがこれは凄いね
色々なものが生々しくていつの間にかマンガに入り込んでいるような錯覚を覚えるくらい
たぶん今後何度も読み直していくマンガの一つ


534fz3gxd35gxd53.jpg
荒木飛呂彦「ジョジョリオン」
謎や不明な設定が色々とあるまま話はドンドン進むが普通に楽しく読めるのが凄い
さすが安心安定のジョジョブランド
全然関係ないが先月
超像可動「ジョルノ・ジョバーナ」のワンフェス限定を悩んだ挙句結局買ってしまった
それにしてもたかがジョジョのフィギュアに10kってどうよ?


g1d6dz15g.jpg
つばな「第七女子会彷徨」
年に一巻しか出ないのは残念だが
唯一無二の女子高生ほのぼの系SFマンガ
系統としては「それ町」とか衿沢世衣子に近い
とりあえず主人公の女の子が毎度トラブルに巻き込まれるんだが
持ち前のバカとポジティブさでいつの間にか解決してえへへってところが凄く愛おしい


sg1x1g51b3x.jpg
ヤマシタトモコ「裸で外には出られない」
ファッションネタを中心としたエッセイマンガ
作者の自虐ネタもあるが画のタッチが軽くモデルの女の子も可愛くてサクサク読める
あと、男からしたらへーそうなんだと膝打つネタもあり暇つぶしには最適の良作
って全然褒めてないな、でもおすすめ


465d4h5f1.jpg
小山ゆう「あずみ」
今までずっと買いたい物リストには入っていたが
昨年とりあえず1-30巻までを一気に大人買い
ま、作品の面白さについては解説不要だろう
ただ、30巻以降猛烈に話がだれるような気がしてならない..


5s5h15
三宅乱丈「イムリ」
話が壮大になりすぎて作品の求心力が落ちてきているような気もするが
ベルセルク同様作品の持つ他のレベルの高さでまだまだ持ちこたえている状態
ただ、たまには小カタルシスが欲しいところ
同作者の「ペット」も後半に向けて面白くなっただけに完結に向けて大いに期待


とまぁこんな感じ
特にジャンルの偏りや好みの傾向は出ていない気がするが
少年・少女マンガはジョジョのみか
確かにハンタハンタもナルトも単行本買うの止めてるし
さすがにもう合わなくなってきたのかもしれん
ということで
今年は古典というか50年代から70年代のマンガを少し読んでみようかなと思ってる
とりあえず石森章太郎、白土三平、楳図かずお、ジョージ秋山この辺りを

ちなみに小説では
ガルシア・マルケスの「百年の孤独」が過去最高級の読み応えで面白かったというより
いまだかつて味わったことのない浮遊感というか思考が混濁するような不思議な読書体験だった
ま、死ぬまでに一度は読むことをお勧め



丸谷才一「笹まくら」
フィリップ・K・ディック「高い城の男」
カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」
平山夢明「ダイナー」「独白するユニバーサル横メルカトル」
U.エーコ/J.C.カリエール「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」
竹中夏海「IDOL DANCE!!! 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい」
佐藤信夫「レトリック感覚」
三宅乱丈「イムリ」12巻
東村アキコ「海月姫」1-2巻
石井あゆみ「信長協奏曲」8巻
つばな「第七女子会彷徨」5巻
本秀康「ワイルドマウンテン」1巻
松本大洋「sunny」1巻
小山宙哉「宇宙兄弟」20巻
浅野いにお「うみべの女の子」2巻
若杉公徳「みんなエスパーだよ!」1巻
ヤマザキマリ「ジャコモ・フォスカリ」1巻
ひじかた憂峰/たなか亜希夫「リバースエッジ大川端探偵社」1巻
ADELE「21」
Wilco「A Ghost Is Born」
Tomato n'Pine「PS4U」
Animal Collective「Feels」
Kanye West「College Dropout」「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」
CAJUN DANCE PARTY「The Colourful Life」
GRAPEVINE「真昼のストレンジランド」
モーニング娘。「モーニング娘。コンサートツアー 2010 秋 ライバル サバイバル(BD)」




3人のルックス、衣装、振り付け、声質、シチュエーション、ヲタの盛り上がりも含め
どれをとってもザ・アイドルな感じがビンビンに出てて凄く良い
これはちょっと振りコピしたくなるな
特に推しはいないがハロプロ史上でもかなりレベル高いと思うわこれは

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 3 comments  0 trackback

少年少女

この前、オススメ漫画ベスト100を選んだけど
自分のリスト見てみると少女漫画は確かに読んでないが
意外と少年漫画も読んでいないことに気付いた
特にジャンプは90年代後半以降
ジョジョ、ヒカルの碁、ナルト、デスノート、HUNTER×HUNTER位しかまともに読んでないかもしれん
少なくとも以下の漫画はまったく読んでないか単行本をパラパラとめくった程度

聖闘士星矢
キャプテン翼
ワンピース
忍空
るろうに剣心
封神演義
遊☆戯☆王
みどりのマキバオー
世紀末リーダー伝たけし!
地獄先生ぬ~べ~
シャーマンキング
銀魂
BLEACH
ROOKIES
テニスの王子様
トリコ
バクマン
はじめの一歩
グラップラー刃牙
鋼の錬金術師
帯をギュッとね!
犬夜叉
将太の寿司
オフサイド
シュート!
MAJOR

ラッキーマンとかマキバオーとか忍空が出てきた時
もうジャンプは全然合わんわ‥と思ったのはよく憶えてる
逆におっさん御用達のビックコミック連載のMASTERキートンとか玄人のひとりごとは
小学生の頃から愛読してたからな
友情努力勝利とかやっぱ性に合わんのですよ



Perpetual Groove「Sweet Oblivious Anticdote」

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

漫画ナツ100参戦

【漫画は】漫画ナツ100【世界を救う】
という面白そうな企画があるようなので乗ってみることにした
ルールは至って簡単で
同人誌以外のオススメの漫画を100冊選ぶというもの
で、集まったものを集計してくれるらしい
ということで
とりあえず計100冊を選んでみた

それにしても漫画100冊をセレクトするのがこんなにも大変だとはな..
最初は100冊ぐらいだったら余裕だなとか思っていたんだが
意外と自分の好きな漫画が思い出せない、特に昔好きだったものとかが
なんで、一日かかって家にある漫画をひっくり返しては読んだり
ネットで自分が子どもの頃のジャンプやコロコロの掲載作品や古典作品のリストを見てみたりと
結果的に相当な時間がかかった
そうやって選んだこの100冊の中には
自分が強く影響を受けた作品から今現在作品として面白いと思うものまで
色々な観点からセレクトしているからあまり統一性が感じられないかも知れないが
もし自分がどんな人間なのかと自分をまったく知らない人に問われた時
このリストを渡すだけで相当な部分が通じるのではないかと思えるぐらいには
納得のいくリストになった

で、改めて自分でこのリストを見てみると
少女漫画が少ないのとなんとなくメジャーな作品が多いような気がしたのだが
それは自分が読んだことがある作品だからそう感じるのかも知れず
このリストの特徴や印象が自分ではいまいちよく分からない
なんでまぁ
このリストを見て何か感想などあれば是非コメントいただけると有難いし
この作品が好きならこれがオススメ!みたいなものもあればよろ
ということで



01 ジョジョの奇妙な冒険 荒木飛呂彦
02 リバーズ・エッジ 岡崎京子
03 よつばと! あずまきよひこ
04 苺ましまろ ばらスィー
05 AKIRA 大友克洋
06 MASTERキートン 勝鹿北星/浦沢直樹
07 宇宙兄弟 小山宙哉
08 ネムルバカ 石黒正数
09 ペット 三宅乱丈
10 ヨルムンガンド 高橋慶太郎
11 機動警察パトレイバー ゆうきまさみ
12 究極超人あ~る ゆうきまさみ
13 迷走王 ボーダー 狩撫麻礼/たなか亜希夫
14 バタアシ金魚 望月峯太郎
15 お茶の間 望月峯太郎
16 ヴィンランド・サガ 幸村誠
17 おおきく振りかぶって ひぐちアサ
18 キングダム 原泰久
19 PINK 岡崎京子
20 ぶっせん 三宅乱丈
21 蒼天航路 李學仁/王欣太
22 クローズ 高橋ヒロシ
23 高校球児 ザワさん 三島衛里子
24 HER ヤマシタトモコ
25 こども極道 ボンガドン ナカドリトオル/きうちかずひろ
26 卒業生 中村明日美子
27 忍者ハットリくん 藤子不二雄Ⓐ
28 ザ・ワールド・イズ・マイン 新井英樹
29 Dr.スランプ 鳥山明
30 それでも町は廻っている 石黒正数
31 寄生獣 岩明均
32 ヒストリエ 岩明均
33 GUNSLINGER GIRL 相田裕
34 オールラウンダー廻 遠藤浩輝
35 青い車 よしもとよしとも
36 玄人のひとりごと 中島徹
37 働きマン 安野モヨコ
38 「坊ちゃん」の時代 関川夏央/谷口ジロー
39 こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治
40 魁!!男塾 宮下あきら
41 ハチミツとクローバー 羽海野チカ
42 信長協奏曲 石井あゆみ
43 ラウンダバウト 渡辺ペコ
44 フリージア 松本次郎
45 放浪息子 志村貴子
46 ピンポン 松本大洋
47 ヒカルの碁 小畑健
48 スマグラー 真鍋昌平
49 2001夜物語 星野之宣
50 うっちゃれ五所瓦 なかいま強
51 おろち 楳図かずお
52 エマ 森薫
53 電影少女 桂正和
54 幕張 木多康昭
55 課長バカ一代 野中英次
56 ラストイニング 神尾龍/加藤潔/中原裕
57 群青学舎 入江亜季
58 気分はもう戦争 矢作俊彦/大友克洋
59 犬狼伝説 押井守/藤原カムイ
60 陰陽師 夢枕獏/岡野玲子
61 YOUNG&FINE 山本直樹
62 ビリーバーズ 山本直樹
63 風の谷のナウシカ 宮崎駿
64 花の慶次 隆慶一郎/原哲夫
65 らんま1/2 高橋留美子
66 日出処の天子 山岸涼子
67 ベルセルク 三浦健太郎
68 以蔵のキモチ 佐藤宏之
69 加治隆介の議 弘兼憲史
70 国民クイズ 杉元玲一/加藤伸吉
71 あずみ 小山ゆう
72 柔道部物語 小林まこと
73 賭博黙示録カイジ 福本伸行
74 アカギ 福本伸行
75 ブラック・ラグーン 広江礼威
76 皇国の守護者 佐藤大輔/伊藤悠
77 今日から俺は 西森博之
78 スカタン野郎 北道正幸
79 鳥頭紀行 西原理恵子
80 わさび 一條裕子
81 HELLSING 平野耕太
82 うしおととら 藤田和日郎
83 からくりサーカス 藤田和日郎
84 ろくでなしBLUES 森田まさのり
85 HUNTER×HUNTER 冨樫義博
86 レベルE 冨樫義博
87 BECK ハロルド作石
88 姉母 草津てるにょ
89 痴情の女 月野定規
90 Love Selection 如月群真
91 僕といっしょ 古谷実
92 行け!稲中卓球部 古谷実
93 チェーザレ 破壊の創造者 惣領冬実
94 スラムダンク 井上雄彦
95 シンプル ノット ローファー 衿沢世衣子
96 BANANAFISH 吉田秋生
97 第七女子会彷徨 つばな
98 上京アフロ田中 のりつけ雅春
99 ちひろ 安田弘之
100 乙女ケーキ タカハシマコ


どないでしょうか

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback

歴史に名を刻め~~お前等!!

最近、疲れやすくてかつその疲れが取れにくくなってマジできっつい
たぶんジョギングとかストレッチをサボっているのが原因なんだと思うが
ついつい目先の楽しみに浸ってしまい色々見失ってる感がある
これは正直修正した方がいいなと
日記に書いて少しでも現実化しよう
ていうか
出来ればフットサルとかしながら楽しく汗流したいんだけどねぇ
そんな知り合いいないし、仮に居たとしても仲良くなれる気が全然しない
昔は年を取ると人間丸くなって人付き合いがちっとは楽になるだろとか思ってたけど
もう全然逆だった
歳を取れば取るほど人と話や考えや感覚が合わなくなってきて
最近は興味がない人と少し同じ場に居るだけで
あああああああああってなることが多い
で、気付けば周りの人らがもの凄い勢いで丸くなっていったり世間に溶け込んでいくから
もうギュンギュン人との溝が深くなっていってる感じ
ま、こんなこともあろうかと着々と一人遊びスキルを高めておいたのは正解だったが
他の俺みたいな人はどうやってやり過ごしてるのかはマジで凄く興味がある
やっぱ解としては環境的にもネットなのかしら
それはそれで恐ろしいけど..



ギャザの新しいエキスパンションが出たからシールド戦用に6パック購入
ファイレクシアの抹消者、戦争と平和の剣、外科的摘出、純鋼の聖騎士あたりが出たんで
とりあえずコスト分は回収出来た感じ
で、初めてシールド戦やったけど
新しいカードの勉強と自分が当てたカードのみでデッキを組む楽しみはあるね
けどクソカードしか出なかったらやる気失せるなこれは

誰か昔のMTGカードの画像くれないか
昔の画は色とかドットが制限されていたせいか妙におどろどろしくて味があっていい
特にタイムウォークのキモかっこよさは異常
あと、ぶっ壊れドローカードでお馴染みネクロポーテンスもいいな
で、ネクロと云えば伝説の1999年プロツアーシカゴの決勝戦第1ゲーム
神初手vsダブルマリガンからの超展開がめっちゃ面白い





ジャンプ漫画史上最高の1ページが決定した件
ジャンプ限定だったらやっぱジョジョ第5部のブチャラティがボスを裏切った後のシーン
ブチャラティが「オレに付いて来いと命令もしないし、願いもしない」と云ったのに
アバッキオとミスタが付いて行くと云いだし、逆にフーゴはお前ら正気か?みたいになって
残ったナランチャが一人態度を決められずにいるとブチャラティが
「来るな、ナランチャ‥‥お前には向いていない」とバッサリ
で、ブチャラティ一同はナランチャとフーゴを置いてボートでその場を去るんだが
トリッシュの傷を見たナランチャが「トリッシュは見捨てられた‥オレに似てる‥」とか呟きだして
ジョルノの「ブチャラティ、振り返って見てください」からの
ナランチャ「ブチャラティィィィィィ 行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーーーーーッ!!」
ここはもうホント最高
ブチャラティの冷徹っぷりも当然かっこいいし
フーゴのまさかの戦線離脱もジャンプらしからなくて正直グッとくる
これDBで云えばクリリンが「ナメック星!?そんなところ行く訳ないだろ‥」みたいなことでしょ
あと、泳ぐナランチャを見て、ブチャラティ、ジョルノ、アバッキオがあえて無表情の中
ミスタだけが少し微笑んでいるようにも見え、ミスタのキャラがよく出ていて凄くいい

2431434314654646445310516.jpg

他に挙げるとしたらスラムダンク山王戦の桜木流川のラストシーンぐらいか
で、全然関係ないけど
「だがそれがいい!」ってずっとジョジョだと思って日常会話で使ってたんだが
あれって花の慶次だったのね
ずっと利いたふうな口きいてたわ..

卓球のカットマンほど華やかさの無いプレーはないと思う
キング・オブ・テーブルテニスことワルドナーの動画がまじでクソかっこいい



堀尾省太「刻刻」4巻
伊藤悠「シュトヘル」1-2巻
志村貴子「青い花」6巻 「ラブ・バズ」3巻

期待してなかった「ラブ・バズ」の最終巻が予想以上に良くてちょっと嬉しかった
で、マンガ読んで嬉しかったって感想は自分的にかなりレアだなと一瞬思ったが
これってただのファン心理だな

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback

三千世界の鴉を殺し

ygjyuybuvb.jpg

来年は久々にみんなで花見でもしたいすな



冬、外を歩いていて余りにも寒い時
首から下の感覚を切って寒さを感じないようにしたりするんだけど
体の前面を何かで覆うイメージをし続ける以外に
もっとこう簡単に感覚を遮断し続ける方法ってないのかしら
イメージをキープするのって割と集中力いるから
気を抜くとすぐに寒さを感じてしまって結構面倒だし
他になんかいい方法知ってたら誰か教えてほしい



ミラクル☆トレイン
ついに駅を擬人化とな



白井弓子「天顕祭」
伊図透「ミツバチのキス」1巻
塩崎雄二「一騎当千」15巻
岩明均「ヒストリエ」1巻
中村光「聖☆おにいさん」3巻
いけだたかし「ささめきこと」3-4巻
幸村誠「ヴィンランド・サガ」2-7巻
平野耕太「ヘルシング」10巻
雑破業/目黒三吉「どみなのド!」1巻
林田球「ドロヘドロ」2巻
kashmir「デイドリームネイション」2巻
木多康昭「喧嘩商売」13-14巻
小山宙哉「宇宙兄弟」5巻
篠房六郎「ナツノクモ」1巻
冬目景「ACONY」1巻
のりつけ雅春「上京アフロ田中」6巻
デビット・宮原/田中亜希夫「かぶく者」1-4巻
「苺ましまろencore2」
cold war kids「ROBBERS&COWARDS」
The Five Corners Quintet「HOT CORNER」

56456436.jpg

幸村誠の「ヴィンランド・サガ」が滅法面白い
バイキングたちの活躍を中心に11世紀北ヨーロッパの戦争を描いた冒険活劇ものだが
ファンタジー色があんまりないからちょっとした歴史ものとして読んでも全然楽しめるし
濃厚な人間ドラマもストーリーに組み込まれていて
普通に泣けるっていうかほんのちょっとまじで泣いた
ファンタジー色が強くなくダークな部分も薄い綺麗なベルセルクって感じ
いや褒めたいんだけどなんか上手く表現出来ん..
ま、それにしてもまだこんな面白いマンガがあるとはね
まだまだ全然気が抜けんな


dhklfghjkl.jpg

目黒三吉「どみなのド!」より
少年誌でこれは突き抜けてひどい..

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

全てを欲しがるこの僕を

1983年までの松田聖子って今でいう「神」な存在どころではなく
当時の全ての欲望の対象をも超越していたんじゃないかと思う
きっと今後のアイドル史も含めてこの人を超える人は恐らく出て来ないだろう
基本的な歌唱ポテンシャルが高いってのもあるけど
何と云ってもアイドルとしての歌が超絶に上手いんだわ
更に表情、仕草、フリ、声、視線のすべてが完璧かつ調和が取れてるというのに
なぜか親近感までも湧かせるという奇跡まで
そして俺は八重歯に滅法弱い..
Rock'n Rouge
赤いスイートピー



深田恭子「25才」
マイケル・ポランニー「暗黙知の次元」
ネルソン・グッドマン「世界制作の方法」
ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」
ロバート・A・ハインライン「夏への扉」
河本英夫「哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題」
福井晴敏「月に繭 地には果実」〈上〉(中)(下)
ビョルン・ロンボルグ「地球と一緒に頭も冷やせ!」
水上悟志「惑星のさみだれ」1-6巻
kashmir「デイドリームネイション」1巻、「○本の住人」1-2巻、「百合星人ナオコサン」2巻
よしながふみ「大奥」4巻
のりつけ雅春「上京アフロ田中」1-5巻
小山宙哉「宇宙兄弟」1-4巻
篠房六郎「百舌谷さん逆上する」2巻
松本次郎「フリージア」11巻
あらゐけいいち「日常」4巻
高橋ヒロシ「WORST」22巻
岸本斉史「NARUTO」45巻
とよ田みのる「FLIP FLAP」
乙ひより「クローバー」
ツジトモ/綱本将也「GIANT KILLING」9巻
日本橋ヨヲコ「少女ファイト」5巻
いけ「ねこむすめ 道草日記」1巻
狩撫麻礼/たなか亜希夫「ボーダー」4-6巻
安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」18巻
石黒正数「探偵綺譚」「それでも町は廻っている」5巻
芦奈野ひとし「ヨコハマ買い出し紀行」1巻
三宅乱丈「イムリ」5巻
鬼頭莫宏「ぼくらの」10巻
私屋カヲル「こどものじかん」6巻
志村貴子「放浪息子」1-4巻
MOGWAI「ROCK ACTION」
!!!「LOUDEN UP NOW」
4hero「Play With The Changes」
Mishel Petrucciani「both worlds」
Modest Mouse「Good News For People Who Love Bad News」
THE BAKER BROTHERS「TRANSITION TRANSMISSIO」
「苺ましまろ encore1」

苺ましまろencore
まず、画がクドいというか、アニメ的なぷに感が強調されすぎてて
原作の細い線が好きな自分は開始5秒で既に違和感感じまくり
さらにストーリーもいつもの日常性とか脱力感からのズレや跳躍を楽しむものではなく
強弱のないただのドタバタやら異世界モードからの夢落ちやら
これまでの世界観や雰囲気から余りにも乖離しすぎてる気がする
もはやこんなもん正義でもなんでもなくないか
ていうかこんなましまろ誰が望んでるんだよ、と
それとも俺が感覚がおかしいのか
どう考えてもTV→OVA1期→OVA2期と着実に劣化してると思う
もう原作以外のというより映像化自体要らんだろ

宇宙兄弟には往年のジャンプ黄金期っぽい匂いがする
ちょっとスラダンっぽい感じが
加えて「プラネテス」とか「MOON LIGHT MILE」とかと同じ
宇宙飛行士もののなぜか判らん異常なまでのワクワク感
早よ来い次巻!
という流れもありつつ古典SFのハインライン「夏への扉」 読んだんだが
やっぱりどうしても胸が高鳴るほど面白いとは思えない
これはただSFを楽しむツボみたいなのが判ってないだけなのか
そもそも感性としてダメなのか
前者っぽい気もするが
たぶん俺の小説における設定の現実性許容範囲がSFにはちょっと厳しいんだと思う
ま、もう少し読んでみるか

ビョルン・ロンボルグの「地球と一緒に頭も冷やせ!」
そもそも地球温暖化対策って本当に必要なの?
温暖化の影響で各都市の最低気温が上昇して各国の冬期の死者が減少してること知ってる?
経済成長を阻害してまで温暖化対策を行って実際どれくらいの抑止効果があると思ってるの?
飢餓や伝染病対策にお金と人材を回した方が人類全体の幸福のためになるんじゃないの?
などなど
なんとなく信じ込まされていたものを片っ端からひっくり返される快感
更にちょうど今、地球温暖化対策に関する仕事もやってるから
仕事へのモチベーションも下げまくってくれて色々と笑わかせてくれる
結構おすすめ

545653333.jpg

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback

circumstances

なんか久し振り

先月前半は10年振りぐらいに酷い風邪引いて
丸3日間何も食えず自宅で死んでた
で、15日にようやく臨時会が終わったと思ったら
18日から普通に常会が始まってた
さらにねじれとかで某党が調子乗っててもうだめです
そういやDREAM THEATER@武道館も行けなかったな、はぁ..



忘れてた2007年コミックBEST10(順不同)をてきとーに


56161111.jpg
「ヨルムンガンド」高橋慶太郎
去年1番いけてた漫画っていうとやっぱこれ
BLACK LAGOONを少し暗く荒くした感じで主人公もイマイチ地味でパッとしないんだが
逆にそれが落ち着いてまったり読めていい
青臭いことなんかも一切云わないし
あとは、眼帯のナイフ使いのバルメがもうね..
当然アクションシーンもセリフ廻しも云う事なしに格好イイし
武器商人軍団の各メンバーも少しづつキャラが立ってきたし
今後が一番楽しみな一作


65111135.jpg
「日常」あらゐけいいち
どうしようもなくシュール
ぎりぎりのところを突いてくるいい感じの境界線
いま他のギャグ漫画からはひとつ抜けてると思う


ndnhiohf.jpg
「乙女ケーキ」タカハシマコ
去年読んだ百合ものでは抜群に良かった
大人の理性が絡む百合ものより
こうゆう少女の無垢で棘がある危うい百合ものの方がいい
それにしても
第一話の「あかいかさ、しろいかさ」が余りに切なすぎる
なんて表情させるんだよ


5614651563.jpg
「苺ましまろ」ばらスィー
相変わらずの絶対正義っぷり
とりあえず美羽は俺に任せてお前ら早く逃げろ


541640154654.jpg
「チェーザレ 破壊の創造者」惣領冬実
ルネサンス期のイタリアを描いた傑作の域に達すること間違いない名作
宗教と政治が絡む権力闘争や統治過程がメインの話だが
ダ・ヴィンチとかも出てきたんで今後はメディチ家と芸術方面の話にも発展しそう
これ読んで一層イタリアに行ってみたくなったんで
とりあえずイタリア貯金でも始めるかー


5246431634630.jpg
「よつばと!」あずまきよひこ
説明不要
永遠に続いてほしい


11343403633.jpg
「皇国の守護者」佐藤大輔/伊藤悠
まさかの終わり方
続編を希望


53153131546416.jpg
「おおきく振りかぶって」ひぐちアサ
去年はなんやかんやでおお振りで盛り上がった一年だったなと
久し振りに神宮のバッティングセンタでも行くかー


9999555513.jpg
「レッド」山本直樹
未読だが信者なんで盲目に推しとく
けどホントはもっと気が抜けた脱力系の
昔でいえば
「あさってDANCE」とか「YOUNG&FINE」みたいなのを書いてほしい


546168460854.jpg
「STEEL BALL RUN」荒木飛呂彦
主人公2人のスタンドが相変わらず地味だが
スティール夫人と絡み始めた辺りから俄然盛り上がってきた
大統領夫人とか悪女が活躍するとやっぱ面白くなるな

ま、こんな感じか
それにしても去年は今までで一番漫画を読んだ年かもしれん
単行本だけで300冊近く買ったような
なんで今年はもう少し的を絞って少女漫画辺りを中心に読んで行こうかと思う
あと、もう少し小説も読まんとなぁ



森薫「エマ」2-9巻
椎名軽穂「君に届け」3-5巻
太田垣康男「MOONLIGHT MILE」1-3巻
綱本将也/ツジトモ「GIANT KILLING」1-4巻
中村光「荒川アンダーザブリッジ」2巻
三宅乱丈「イムリ」1-2巻

今更ながらに「エマ」を読んだ
勝手にメイドの日常話みたいなものなんかなと思ってたら
がっつり恋愛ものだったのね
これいいわ

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback

人にやさしく

 

J・コクトー「恐るべき子供たち」
G・バタイユ「マダム・エドワルダ/目玉の話」
よしながふみ「大奥」3巻
よしながふみ「フラワー・オブ・ライフ」1-4巻
日本橋ヨヲコ「少女ファイト」1-3巻
沙村広明「ブラッドハーレーの馬車」
柴田ヨクサル「ハチワンダイバー」5巻
浅野いにお「おやすみプンプン」2巻
ゴツボ/リュウジ「ササメケ」1巻
いぬぶろ「いぬみみずかん」
片山人生/近藤一馬「デッドマン・ワンダーランド」2巻
ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」9巻
中村光「荒川アンダーザブリッジ」1巻
椎名軽穂「君に届け」1-2巻

4989.jpg


なんか泣きすぎて鼻の奥がずっとつーんと痛いわぼけ
 

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

AIYAMAのAVの行方

この前「悪魔のいけにえ」見てから
なんとなく元ネタのエド・ゲインが気になってたんで
近所の本屋を探索したら、とりあえず柳下毅一郎の文庫本を発見
パラパラと読んで颯爽とレジに持って行ったはいいが
財布が見事にノーマネーとか..
仕方ないんで「今度また来ます」とか適当云って店を出ようとしたら
店員さんが「お取り置きにしておきましょうか?」とか云うんで
何も考えず適当に「じゃ、それで」って云ったら
「では、お名前とお電話番号をここにご記入下さい」と
仕方ないんでささっと記入して帰る

次の日
レジには昨日と違う若い女性の店員さんが
「昨日、取り置きしてもらった本があるんですけど」
「はい、本のタイトルは何でしょうか?」
「え?えっと、、『殺人マニア宣言』という・・」
「殺人マニア、、少々お待ち下さい・・」
「・・・」
「お待たせしました。こちらの『殺人マニア宣言』でよろしいでしょうか・・」
「えぇ、その『殺人マニア宣言』で間違いございません!」

ザワザワ・・
                      ザワザワ・・

泣いたね
つーか本のタイトルじゃなくて客の名前を聞いてくださいよ..
更に家に帰ったら以前この本をハードカバーで読んでいたという事実が発覚
色々ひどい
勝手に本のタイトル変えんなや
ま、前のタイトルも『世界殺人ツアー』だから結局アレだけどさ
はぁ..



3月21日(水)
絆って飲んだ後、AIYAMAの提案でなんとなく新宿でボーリング
罰ゲームは歌舞伎町に立ってるニューハーフの人らに自主的に拉致られること

【結果】
EBI:134
犬狼:122
itao:121
AIYAMA:115ぐらい

うひょひょ
店を出てAIYAMA氏のために屈強なお姐さん達を血眼に探す俺ら
が、既に撤収してしまったようで発見できず..
結果、AIYAMAのアナルバージンは死守された模様
運のいい奴め



3月25日(日)
秋葉原のタワレコで「NO MAID,NO LIFE.」イベントがあったが
メイリのメイドとかよく知らんし
とりあえず記念にTシャツだけ買って件のCute-Mへ
で、まったり読書
そのあと新宿で買い物



井上雅彦「バガボンド」25巻
あずまきよひこ「よつばとひめくり2007」
柳下毅一郎「殺人マニア宣言」
JIMMY EAT WORLD「CLARITY」
BUD POWELL「jazz giant」
BILL EVANS & JIM HALL「UNDERCURRENT」

evans..jpg

やっぱピアノものはいいね
 

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。