†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

フルーツバスケット

なんかもう古い話だが

10月28日(日)
アイドルマスターのライブ&トークイベント
「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY @TOKYO」
@東京渋谷O-EASTに行って来た

完メドの卒紺?か何か以来のO-EASTに何とか開演間際に到着して
多少のwktkをしながら会場のドアを押すと
期待を裏切ることなく
溢れんばかりのヲタヲタヲタヲタヲタ...
ああぁ・・
でもまぁ、思ってたより女の子も多かった気もする
で、とりあえず二階席に避難してそのまま終始まったり観戦
全体的な感想としては
初の声優イベつーことで新鮮で面白かった点があった反面
今まで飽きるほど見てきたアイドルのコンサみたいな面も当然あって
正直、可もなく不可もなくって感じだった
あと個人的にはいわゆる2.5次元的な演出を勝手に期待してたんだが
ほとんど声優が出ずっぱりの声優ライブ&トークイベントだったのが少し残念だった
もっと巨大スクリーンを有効的に使って2次元的要素を全面に出して抽象性を高めた方が
ヲタはもっと幻想に浸れると思うんだけどなぁ..
ただ、アイマスという装置自体はほんとよく出来てると思う

で、セットリストはこんな感じ

01.仁後真耶子(高槻やよい):「キラメキラリ」
02.中村繪里子(天海春香):「I Want」
03.下田麻美(双海亜美・真美):「スタ→トスタ→」
04.若林直美(秋月律子):「いっぱいいっぱい」
05.平田宏美(菊地真):「迷走Mind」
06.今井麻美(如月千早):「目が逢う瞬間」
07.滝田樹里(音無小鳥):「空」
08.全員:「i」

インパクトという点では閣下の中の人の歌唱力がジャイアン的に凄かったのがもうね..
あと、声優って意外と年齢不詳だなと思った
特に真とか律っちゃんの中の人は(r
逆にとかちの人はベテランなのかと思ってたらまだ全然若かったし
やっぱこの世界よう判らんわ



ドリームシアター「Overture 1928」を指先で演奏!
高橋瞳「青空のナミダ」を指先+足で演奏!
なにこの奇才変態指先ドラマー
ていうか、見た目メチャクチャ地味なんだがやってる事はまじで相当凄い
配列の記憶やツーバスはもちろん
指先で音の強弱まで付けてるのよこの人、有り得んわ..
ま、こういう頭のおかしい人がまだまだ世の中に多いというのは
非常に喜ばしい事だ



ここ最近で1番気に入ってた「Cute-M」がついに11月28日(水)に無事閉店だそうな
あははh
いやーマインドガーデンに続いてここもですかそうですか
それにしてもなんだ
俺が行く店がことごとく短期間で姿を消していくんだが
俺が一体何をしたっていうんだ
本当にさぁ..
ま、気を取り直して
次はミア辺りを潰してやろうかと思ってる



岡崎律子「for RITZ」
メロキュア「メロディック・ハード・キュア」
宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」1巻
藤田和日郎「邪眼は月輪に飛ぶ」
渡辺祥智「CARAT!」1巻
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」
タカハシマコ「乙女ケーキ」
乙ひより「かわいいあなた」
森永みるく「くちびる ためいき さくらいろ」

ndnhiohf.jpg


いくつか百合系コミックを買ってみたんだが
感想としては
割と似たり寄ったりのワンパターンが多いなという印象
やっぱ関係性が閉じてて話が広がりにくいからなんかなぁ..
けど、その閉じてるが故のもどかしさっていうか
思いを伝えられないじれったさがいいんだけどね
特に今回読んだ「乙女ケーキ」なんかは
結果的には成就しない結末とそこまでの過程を丁寧に描いていて凄く面白かった
それに
女の子の女の子に対する気持ちの可愛らしさとか毒々しさも絶妙に織り交ぜて語られてあって
これ普通のマンガとしても傑作なんじゃないかと思った

あと
ツイン・ピークス ゴールド・ボックス【10枚組】【初回限定生産】をつい勢いで買ってしまった
後悔はしてない
jijpgg.jpg

全てが静かに狂ってて
正直ほっとしてしまう

スポンサーサイト
Category : others
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback

まるで荒れる波濤のように背筋つらぬき心狂わす出逢い

どうも
最近は仕事が忙しくてほぼ死んでます
ずっとタクシー帰りだし政局が不安定で面倒な事多いし相変わらず人間関係は複雑だし
いつもそばに死ね死ね団がうろついてますわ..
ま、そんな感じで結構てきとーにやさぐれてる
仕事ネタ的にはニュース番組の取材かなんかで桜井翔氏が国会に来てたんだが
基本芸能に興味ない人ばかりなんで誰もロクに反応してなかった結果
スタッフと一緒に淋しくぽつーんとしててちょっと面白かった
俺も何回か廊下ですれ違ったけど
あれはどう見てもただの大学生にしか..
あと、田中康夫と名刺交換する機会があったけど
突然手を重ねて「チームニッポーン!」とも云わなかったし
渡した名刺を二つに折られもしなかった
あとなんだ
将棋のNHK杯で羽生の大逆転とかあったなぁ
たまたまリアルタイムで見てたけどちょっと興奮したわ
ていうか一番興奮してたのは「ひょーーーー!!」とか叫んでた解説の加藤ひふみんだけどな
つーかお前はどこのバルログだよ

スーパーの入り口で傘を取られたらしい少女が困ってた・・・
これはいい狂いっぷり
内臓の発想は無いわ



筒井康隆「パプリカ」
乃南アサ「凍える牙」
あらゐけいいち「日常」2巻
岸本斉史「NARUTO」40巻
タイム涼介「アベックパンチ」1巻
桜井のりお「みつどもえ」3巻
高橋慶太郎「ヨルムンガンド」3巻
かとりまさる/安藤慈朗「しおんの王」2-3巻
いましろたかし「デメキング 完結版」
山本直樹「RED」1巻
広江礼威「BLACK LAGOON」7巻
河田雄志/行徒「学園革命伝 ミツルギ」1巻
藤原カムイ/大塚英志「アンラッキーヤングメン」2巻

「日常」が2巻になって俄然面白い
ギリギリ日常という枠の中でのほのぼのシュール
学園ものだけどあずまんとからきすたとかのノリとは一線を画してる
今後が楽しみ

待望のヨルムンガンドの3巻
間違いなく断然今イチオシの漫画
もう文句無くカッコイイの叩き売り
ま、画はあんまり上手くないだが
とにかくこの眼帯してるナイフ使いのバルメがめさめさ恰好いい
99999.jpg


女ボスのココにメロメロのバルメ
99999999.jpg


で、戦闘モードに入ったらめっちゃ強い
9999999999999.jpg


強い女は美しいと思うのは男のエゴかもしれない

Category : others
Posted by 犬狼 on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。