†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

ケガの数だけ小さくなって

ある大学でこんな授業があったとな 

「クイズの時間だ」
教授はそう言って大きな壺を取り出して教壇に置いた
そしてその壺に一つ一つ岩を詰め始めた
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた
「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた
「本当に?」
そう言いながら教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した
そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら岩と岩の間を砂利で埋めていく
そしてもう一度聞いた
「この壺は満杯か?」

学生は答えられない
窓際に座っていた一人の学生が「多分違うだろう」と答えた
教授は「そうだ」と笑い
今度は教壇の下から砂の入ったバケツを取り出した
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた
「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いいえ」と答えた
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ
彼は学生に最後の質問を投げかける
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った

「重要なポイントはそこにはないんだよ、この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れない限り、それが入る余地は、その後、二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める
それは
仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり、自分の夢であったり・・
ここで言う”大きな岩”とは
そういう君たちにとって一番大事なものだ
それを最初に壺の中に入れなさい
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる

もし君達が小さな砂利や砂
つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう
そして、大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い
その結果それ自体失うことになるだろう。


+++++


元ネタはたぶん
コーチング、自己啓発、ライフマネジメントやらその辺りのあれなんだろうけど
結構イメージを喚起しやすくて判りやすい話だと思う
また、この話に対して
「壷を壊せばいい」
「水を最初に入ればいい」
「一度入れた石をまた取り出せばいい」
とか言うのはナンセンスだし
人生は軌道修正出来るとか複眼的思考や発想の転換が重要だというのはまた別の話だ
恐らくこの話の趣旨は
人は生きることが出来る時間が決まっていて絶対その制約から逃れることが出来ない
そういう不条理な世界で生きてる
もしそうであるならば
その枠の中で優先順位を付けていくっていうのは
何よりも重要なことなんじゃないのか
ってことだろう

ということで自分の人生を軽く振り返ってイメージしてみました
ち、小さな石しか入ってねぇじゃねーかよくそおおおおおお
うぅ..
まぁ、自分にとっての大きな岩が何かぐらいは判ってるつもりだが
ついつい目の前にある小さな石っていうか目先の快楽を壷に入れてしまう毎日ですわ
俺いい加減悔い改めろよ俺
ほんとにさ



たまたまHeyHeyHeyでPerfume見かけたんだが
ショートカット前髪ぱっつんのかしゆかが可愛いかった
えぇ、信じられない程のショートカットぱっつん好きですよ



平野耕太「ヘルシング」1-4巻
久正人「ジャバウォッキー」1巻
幸村誠「プラネテス」1巻
五十嵐大介「魔女」1巻
広井王子/コザキユースケ「烏丸響子の事件簿」1巻
宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」2巻
西炯子「電波の男」
かとりまさる/安藤慈朗「しおんの王」7巻
真鍋昌平「闇金ウシジマくん」10巻
中村光「聖☆おにいさん」1巻
津田雅美「eensy-weensy モンスター」1-2巻
岸本斉史「NARUTO」41巻
石塚真一「岳」5巻
奥瀬サキ/目黒三吉「低俗霊DAYDREAM」10巻
鬼頭莫宏「ぼくらの」8巻
ハロルド作石「BECK」32巻
森島明子「楽園の条件」
タカハシマコ「女の子は特別教

低俗霊は結局ぐだぐだのまま終了
聖☆おにいさんはいい感じにゆるくてツボった
ウシジマくんはもうマンネリ化してきててダメだな
ぼくらのは相変わらずに鬱
で、ヘルシングだがこれはやばい..

5555555.jpg

「アイドルマスター 伊織、暴れだす。」
これは確かに暴れだす

スポンサーサイト
Category : others
Posted by 犬狼 on  | 5 comments  0 trackback

circumstances

なんか久し振り

先月前半は10年振りぐらいに酷い風邪引いて
丸3日間何も食えず自宅で死んでた
で、15日にようやく臨時会が終わったと思ったら
18日から普通に常会が始まってた
さらにねじれとかで某党が調子乗っててもうだめです
そういやDREAM THEATER@武道館も行けなかったな、はぁ..



忘れてた2007年コミックBEST10(順不同)をてきとーに


56161111.jpg
「ヨルムンガンド」高橋慶太郎
去年1番いけてた漫画っていうとやっぱこれ
BLACK LAGOONを少し暗く荒くした感じで主人公もイマイチ地味でパッとしないんだが
逆にそれが落ち着いてまったり読めていい
青臭いことなんかも一切云わないし
あとは、眼帯のナイフ使いのバルメがもうね..
当然アクションシーンもセリフ廻しも云う事なしに格好イイし
武器商人軍団の各メンバーも少しづつキャラが立ってきたし
今後が一番楽しみな一作


65111135.jpg
「日常」あらゐけいいち
どうしようもなくシュール
ぎりぎりのところを突いてくるいい感じの境界線
いま他のギャグ漫画からはひとつ抜けてると思う


ndnhiohf.jpg
「乙女ケーキ」タカハシマコ
去年読んだ百合ものでは抜群に良かった
大人の理性が絡む百合ものより
こうゆう少女の無垢で棘がある危うい百合ものの方がいい
それにしても
第一話の「あかいかさ、しろいかさ」が余りに切なすぎる
なんて表情させるんだよ


5614651563.jpg
「苺ましまろ」ばらスィー
相変わらずの絶対正義っぷり
とりあえず美羽は俺に任せてお前ら早く逃げろ


541640154654.jpg
「チェーザレ 破壊の創造者」惣領冬実
ルネサンス期のイタリアを描いた傑作の域に達すること間違いない名作
宗教と政治が絡む権力闘争や統治過程がメインの話だが
ダ・ヴィンチとかも出てきたんで今後はメディチ家と芸術方面の話にも発展しそう
これ読んで一層イタリアに行ってみたくなったんで
とりあえずイタリア貯金でも始めるかー


5246431634630.jpg
「よつばと!」あずまきよひこ
説明不要
永遠に続いてほしい


11343403633.jpg
「皇国の守護者」佐藤大輔/伊藤悠
まさかの終わり方
続編を希望


53153131546416.jpg
「おおきく振りかぶって」ひぐちアサ
去年はなんやかんやでおお振りで盛り上がった一年だったなと
久し振りに神宮のバッティングセンタでも行くかー


9999555513.jpg
「レッド」山本直樹
未読だが信者なんで盲目に推しとく
けどホントはもっと気が抜けた脱力系の
昔でいえば
「あさってDANCE」とか「YOUNG&FINE」みたいなのを書いてほしい


546168460854.jpg
「STEEL BALL RUN」荒木飛呂彦
主人公2人のスタンドが相変わらず地味だが
スティール夫人と絡み始めた辺りから俄然盛り上がってきた
大統領夫人とか悪女が活躍するとやっぱ面白くなるな

ま、こんな感じか
それにしても去年は今までで一番漫画を読んだ年かもしれん
単行本だけで300冊近く買ったような
なんで今年はもう少し的を絞って少女漫画辺りを中心に読んで行こうかと思う
あと、もう少し小説も読まんとなぁ



森薫「エマ」2-9巻
椎名軽穂「君に届け」3-5巻
太田垣康男「MOONLIGHT MILE」1-3巻
綱本将也/ツジトモ「GIANT KILLING」1-4巻
中村光「荒川アンダーザブリッジ」2巻
三宅乱丈「イムリ」1-2巻

今更ながらに「エマ」を読んだ
勝手にメイドの日常話みたいなものなんかなと思ってたら
がっつり恋愛ものだったのね
これいいわ

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。