†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

深夜高速

この前、六本木の国立新美術館で「陰影礼讃」展を見てきた
何も知らずたまたま谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」を読んでいたから
物凄いタイミング..
当然に展示テーマは「かげ」ということで
足元や地面に落ちる人や物の「影」と
光がさえぎられた場所が薄暗く見える「陰」について
絵画、写真、彫刻、工芸などを多角的な視点から集めて開催したもの、らしい
で、全体的な感想はというと
テーマの「影・陰」を広く捉えすぎてしまって
少しフォーカスがぼやけてしまっている、散漫な印象を受けた
もう少し時代やデバイスを限定的にした方が
もっと緊張感あるものになったのではと率直に思った

ただ、その中でもめちゃくちゃ興味を引かれたのが
一番最後に展示してあった
クシシュトフ・ヴォディチコの「もし不審なものを見かけたら‥」という作品

564646466646512.jpg

こういう感じに細長いスクリーンに
窓際で会話・談笑する人々、窓を掃除する人、電話する人などの映像を映し
そこに彼らの音声をただ流しているだけなのだが
あたかも目前に擦りガラスがあり、その裏側に本当に人がいるかのような錯覚に陥ってしまう
そして我慢できずに窓ガラスに近寄り、スクリーンであることを確認し
偽者・物であることにホッとするとともにがっかりする
テーマである「不審なもの」とは何を指すのか
日常的な他者への無関心、希薄な関係性への安堵、不完全な可視への不安..
平気で1時間は見ていられるぐらい面白かった






現実に起こったけど起こってない、でも起こった、という写真特集!
サバンナの水場でライオンとシマウマが一緒に水を飲むとか
グリーン上で50人ぐらいのゴルファーがパターを打ってるとか

冨樫義博が作り出した「話作り」のメソッド
「ウソが好き」が好き




こう見るとロングボードもかっこいい
ていうかこのスピードとコントロール感はすんごく気持ちよさそう
あと音楽も最高
Upper Class Racketの「Let It Roll」
ビール飲みながら毎日見たい



山形浩生「訳者解説」
藤沢周「箱崎ジャンクション」
J・エルロイ「ビッグ・ノーウェア」(上)
惣領冬実「チェーザレ」8巻
ツジトモ/綱本将也「GIANT KILLING」17巻
4 Hero「Extensions」
Kenny Dorham「Quiet Kenny」

スポンサーサイト
Category : others
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

頭痛。そんなときは痛みを宇宙へと投げだしてみると、痛みがましになる。

どうも皆さん
秋は最高ですな
なにか夕方に通ずるものがあるっていうか
暗くなっていく寒くなっていく終わりに向かっていく
この感じが最高に気持ちいい
ということで、そろそろ一年のサイクルは秋冬秋冬でいいんじゃないかな
もう春とか夏のあの浮ついた感じは思い出すだけで腹立たしいんで
奴らにはもっと秋とか冬の謙虚さや諦念加減を見習ってほしい
もはや秋と冬には侘・寂の精神すら感じられるからね
ただしよぉ
クリスマスてめーはダメだ!
ま、お前自体がダメじゃないってことぐらいは分かってる
何も疑わずにカレンダーどおりに人が群がってるから群がってる奴らがクソだってことはな
そういえばバレンタインてめーも(ry

やっぱ秋っすなぁ..


998756.jpg
ここ数ヶ月で一番高まったネタ
深田恭子はもちろんだが宇多田も割と好き
むちむち最高だよむちむち
で、そこに2人ともメガネ掛けてたりしたらもう神掛かってやばい
いわゆるひとつのギャップ、肉から知への命懸けの飛躍である
そしてどこかのゴスお洒落な薄暗いバーとかで
お互いの好きな本とかCDを貸し借りとかしちゃうんだよ
で、そこにはいつもおてまみが挟まれてて
「Dear 恭子お姉さま」とか書いてあるんだよきっとキャー
ま、、まぁ、それにしてもネタとはいえ
この2人が仲良いってことにはホント大いに夢があるんですよ
自分が生きているこの世界のどこかで
深夜、お酒を飲みながら2人が談笑してるかもしれないと思うと
なんかこう視界とか思考の片隅がほんわかしてきて
色々なものが大切に、愛おしく思えてくる
そういうことなんですよ
同意はいらないです
ふぅ..
やっぱえろいすなぁ..



9月23日(木)
AIYAMAとitaoと静岡まで行って実物大ガンダム見てきた
で、静岡に行く途中
高速で突然視界が50㌢ぐらいになってしまう程の激烈な大雨に見舞われて
運転してるAIYAMAが結構焦ってたのがかなり面白かった
で、ガンダムはまぁこんな感じ

15975426468.jpg
365999999.jpg
26584164848466514.jpg

まぁ、びっくりするほど感動しない自分にびっくりですよ
で、ガンダム見た後は
静岡では有名らしいレストラン「さわやか」で
噂のげんこつハンバーグを食べた
AIYAMAとitaoはやんや云ってたけど
まぁ普通
その後、東静岡から静岡駅に移動してメイドカフェ「エマ」に
が、これもハズレ
店の端っこでメイドさんとしゃべらず3人でずっとギャザやってた
結局、行きの高速のPAで
やけにはしゃいでいるitaoさんをAIYAMAと温かく見守ってた時がピークでした
またどこか無駄に遠征しようぜー

そういえば
ここ1年ぐらい俺らがたまに行ってたメイドカフェ「M-fact」が今月潰れた
itaoから
「また能力発動しましたね」とメールがあったんで
まさか遂にコスチャが‥と思ったが、案の定こっちだった
それにしても
マジでびっくりするほど俺らが通う店が次々と潰れていく
それとも潰れそうな気配がある店を気に入って通ってしまうのか
早急な解明が急がれる



公園で一人ぼっちでご飯を食べるキアヌ・リーブスがLEGOブロックで再現される
LEGOといえば人の給食に入れて遊ぶもの
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

ローアングルな猫写真は、こうして撮られている
ぐぅ、犬派なのに..

オードリー若林「タモリさんとゴルフに行く」
ウィーは確かにありがたい気持ちがなくなる



谷崎潤一郎「陰翳礼讃」
笙野頼子「金毘羅」
冬目景「ACONY」3巻
押見修造「惡の華」1-2巻
小山宙哉「宇宙兄弟」11巻
渡辺ペコ「にこたま」2巻
伊藤潤二「うずまき」
三浦健太郎「ベルセルク」35巻
河合克敏「とめはねっ!」7巻
のりつけ雅春「さすらいアフロ田中」1巻
デビッド・宮原/たなか亜希夫「かぶく者」8巻
JAZZNOVA「in between」
jazznova.jpg
02年とちょっと古いけど凄くいい

Category : nareai
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  1 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。