†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

みんながみんなをなやませるみんなは心をいためてる

さて、今宵の月は中秋の名月ですが皆さま如何お過ごしでしょうか
ちなみに
今日のような「満月」の中秋の名月が次に日本で見られるのはなんと8年後だそうですよ
その間にW杯が2回もあるかと思うと
なんか途轍もなく気が遠くなるような気がするのは気のせいですかねぇ..
ということで
7月の日記をさくさく書いてビールでも買って来ますか



7月2日(火)
スマイレージ「新しい私になれ!/ヤッタルチャン」発売記念ミニライブ&握手会@ららぽーと豊洲

仕事終わりでギリギリイベント開始5分前に会場に着いたんだが
それでも前から3列目ぐらいで観れて本格的にスマやばいなと感じた
ていうか、CD買ってライブスペースで観るヲタと
CD買わずにライブスペースの後方から無銭で観るヲタがほぼ同じ人数で驚いた
わざわざ時間割いて交通費払って豊洲まで来たなら
CD買って前の方で観て最後に握手して帰ればいいのにと思うんだが、違うのか?
ヲタT着たりサイリウム振ったり奇声上げたりしてるのにCDは買わずに無銭で応援ってちょっと理解不能
あれはちょっと謎過ぎる光景だった

【セットリスト】
01. 新・日本のすすめ!
02. 新しい私になれ!
03. ドットビキニ
04. 有頂天LOVE
05. ヤッタルチャン

この日は会社の飲み会前に行ったからついでに後輩も連れて行ったんだが
後輩には福田とかいう奴は普通だけど他は全然可愛くないと開口一番バッサリ斬られた
確かにあやちょは本調子じゃなかったし、衣装がヤッタルチャンだったのも災いした
更に「ヤッタルチャン大作戦って何ですか?てかそもそもヤッタルチャンって何なんすか?」と
究極に痛い所を突かれてぐうの音も出なかった..
ま、、素人ごときがいきなりボーイの世界観を理解しようなんざ土台無理な話だわな
で、寺田さんよ
例のヤッタルチャン大作戦とやらはあの後どうなったんだ?
俺は今でもたまに「この仕事代わりにヤッタルチャン!」とか職場で云われてるんだがな..



7月4日(木)
スマイレージ「新しい私になれ!/ヤッタルチャン」発売記念 ミニライブ&握手会@CLUB CITTA'川崎

35sg5x13gdx_20130914164642dba.jpg

前回の件を踏まえ今回は一人で参戦
ただ、同じ平日なのに一昨日とは打って変わって
2回あるイベント参加券が早々に売り切れるほどの人出
会場が物理的に無銭で観れないからなのかなぁ、よく判らん
で、イベントの方も会場がライブ会場だったこともあり曲ごとにすげぇ盛り上がってた
スマは良曲多いし伸び盛りのメンバーも多いから是非とも単独ツアーやってほしいわ

【セットリスト:1回目】
01. 新・日本のすすめ!
02. ヤッタルチャン
03. 好きよ、純情反抗期。
04. 大人の途中
05. 新しい私になれ!

【セットリスト:2回目】
01. 新・日本のすすめ!
02. ヤッタルチャン
03. 同じ時給で働く友達の美人ママ
04. 天真爛漫
05. 新しい私になれ!

そしてこの日のハイライトは
あやちょが曲振りして暗転して全員立ち位置に着いたのになかなか曲が始まらず
結局また照明が点いてメンバー全員がステージ中央に集まりだして何かと思ったら
あやちょが思いっきり曲振り間違ってた
手を合わせてごめんねごめんねと執拗にメンバーに謝っているあやちょがくそ可愛かったが
そこは他のメンバーも気付けよと思った



7月9日(火)
℃-ute「悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ」発売記念 トーク&握手会イベント@アリオ川口

3g1d31g3x1gh3x1g.jpg

最近仕事が緩いのを良いことに平日イベ行きまくりなのが悲しいような気もするが気にしない
この日は℃-uteが同時刻に二箇所に分かれてイベントをするということで
散々迷った挙句、舞美がいる「矢島中島岡井」組の方に行ってみた
過去、娘ベリスマは握手しているが℃-uteとはまだ握手した事がなかったので
若干緊張しつつの握手会
まずは舞美と握手
正直、どんなアイドルの握手会に行ってもまぁ確かに可愛いよねぐらいにしか思わないんだが
間近で見る矢島舞美の美しさはその辺のアイドルとは全くモノが違ったわ
いやほんと久々に生のアイドル見て感動というか衝撃を受けた
息を飲むとはこういう事かと身を以て納得させられるぐらい可愛かった
更に両手でがっちり強く手を握られてそれを上下に振られて
真っ直ぐに目を見ながら「ありがとうございますっ!」とあのニッコニコの笑顔で云われたら
そらヲタはたまらんわなぁ..
そして、舞美やばいわー信じられんぐらい可愛いわーとか思っている間にnkskを通過
で、最後は岡井ちゃん
「℃-uteの握手会初めて来ました」と云ったら
「えーじゃまた来てくださいよー絶対ですよーあははは!」ってめっちゃ口開けて笑ってた
なんかキャバ嬢というよりガールズバーの人のお見送りって感じだった
とりあえず事務所は握手する順番をもっと考えた方がいいと思う
後味的観点から真剣に



7月10日(水)
東京シティ競馬@大井競馬場

そういえば大井のトゥインクルレースって行ったことないなー
ということで、時間もあるし仕事終わりに後輩数名と大井競馬場に行ってみた
この日は「ジャパンダートダービー」とかいう南関東3歳三冠の1つが開催されていて
観客はまぁそこそこ居たんだが
場内の隅っこでよく知らない声優がひっそりとイベントをしていたり
出店や予想屋の人らが醸し出す雰囲気がなんだか物悲しくてなかなかテンションが上がらない
ていうか競馬場に行く前は
場内には派手なイルミネーションやスキー場みたいにノリがいいBGMとかが流れていて
会社帰りのOLとかリーマンがビールやシャンパン片手に合コン気分で盛り上がっている
そんなイメージを勝手に想像していたんだが
行ってみたらただの巨大な昭和の場末のゲームセンターだった..
で、結局いまいちテンションが上がらないまま
メインレースを迎えた結果、本命対抗のガッチガチが来て敢え無く予想を外し
最終レースでは若干取り戻したがトータルではマイナスのまま終了
そして、競馬場から大井町駅まで出ている無料送迎バスの中で
予想が外れた言い訳や騎手の悪口を言い合っているおっさんらに囲まれて
限りある人生の貴重な時間の遣い方について今日は身をもって学ばせて頂いた
なんとか自分にそう思い込ませつつ異様に揺れるバスに揺られながら帰った

454646sg435g1d3x.jpg



7月12日(金)
東京ヤクルトスワローズvs広島東洋カープ(8回戦)@神宮球場

職場の人らと観戦
三回表ぐらいに球場に着いてスコアボードを見たら既に2:8で広島が負けていて
いきなりやる気がなくなる
更に四球エラーパスボールを連発する大味な試合展開にビールが進む進む
結局、9:11で広島の負け
一番盛り上がったのは九回表の"プリンス"堂林の2ランで乾杯に次ぐ乾杯万歳に次ぐ万歳
あれはもうただのCrazy完全な酔っぱらいだったな



7月21日(日)
第23回参議院議員選挙投票日
やばい、衆参のねじれ解消でますます仕事が楽になりそう

7月はあとTIFとFRFに行ったが
いい加減長いのでとりあえず今日はここまで
さて折角なんで今宵は
去年のスマの超傑作秋ツアーのDVDでも見ながら軽く飲みますか ^q ^



J.L.カレ「スマイリーと仲間たち」
M.V.リョサ「若い小説家に宛てた手紙」
松崎康弘「サッカーを100倍楽しむための審判入門」
渡辺ペコ「ペコセトラ」
志村貴子「放浪息子」15巻
岩明均「ヒストリエ」8巻
石井あゆみ「信長協奏曲」9巻
ヤマシタトモコ「恋の話がしたい」
SPECIAL OTHERS「Good morning」「QUEST」
Jb3「Close Grind」
Michael Mayer「Immer 2」
Ben Sims 「Welcome To My World」
The Field「From Here We Go Sublime」
Ricardo Villalobos「Taka Taka」
Adam Beyer「Stockholm Mix Sessions 3」
Jeff Mills「Waveform Transmission Vol.3」
ROBERT HOOD「MINIMAL NATION (SPECIAL EDITION)」
Pat Metheny「Letter From Home」「Still Life (Talking)」「Beyond The Missouri Sky」
Enrico Pieranunzi「Complete Remastered Recordings on Black Saint & Soul Note」

「サッカーを100倍楽しむための審判入門」は
日本サッカー協会審判委員長が審判側からの観点で試合やファウル等について解説していて
初めて知る事ばかりで読んでて面白いし、今後サッカーの試合を観る目が確実に変わると思う

テクノは、引き続きデトロイトやミニマル周辺を聴いているんだが
野田努著の「ブラック・マシーン・ミュージック」も同時に読み進めているので
ディスコから進化した経緯や社会背景等を理解しながら聴き拡げらてて非常に面白い




スペアザは確か
数年前に冨樫さんと観に行ったビークルのライブの前座で聴いて凄く良かったんだけど
色々後回しになっていて全然聴いてなかったんで今回ちょっとアルバムを買ってみた
いやこれはもう無言でお勧めだわ
特に3枚目のアルバム「PB」が凄くいい

スポンサーサイト
Category : idol
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

思い出の半分くらいは曖昧にでっち上げる

どうも
最近女子バレー日本代表の新人長身セッター宮下遥ちゃんが気になる犬狼です
可愛い女の子が練習の成果を出すべく汗まみれになりつつも必死にプレイしたり
先輩、後輩、仲間やライバルがいて互いに切磋琢磨したり、ファンがその成長を見守ったり
女子バレーの楽しみ方ってアイドルのそれと結構似てるな、現場もあるし
Vリーグかぁ..

それにしても、もう9月か
日記がなかなか現実に追いつかんな
ということで、今更ながらではあるがひとまず6月の日記をさくさくと



6月2日(日)
安田記念@東京競馬場

久々の東京競馬場
改修工事が完全に終わってからは初めて来たような気もする
安田記念は大雨の不良馬場で完勝したタイキシャトル以来か
スタンドは飲食店とか券売所がかなり増えてたけど全体的にそんなに変わってない気がした
ただ、新たにATMコーナーが設置されていて
そこに長蛇の列が出来ているのを見た時はかなり衝撃を受けた
あれはちょっと鬼畜だわ..

hh351cj5c35.jpg

3h1cgh13xfh1x5.jpg

f51h31ch3xx3.jpg

で、予想の方はというと
カナロアを1200専だと切ってショウナンマイティからマイル適正ある面子に馬連で流す感じ

【結果】
1. ロードカナロア   牡5  1番人気 岩田 康誠  1.31.5
2. ショウナンマイティ 牡5  3番人気 浜中 俊   1.31.5(クビ)
3. ダノンシャーク   牡5 13番人気 C.デムーロ  1.31.6(3/4馬身)

ダ、ダノンシャークまできっちり買ってたのにいいい
でもまぁ
久し振りにギャンブルのあの妙にゾクゾクする不気味な高まりを思い出せて楽しかった
週末ヒマで天気も良かったら秋競馬にも行ってみるか



6月8日(土)
ハロプロ研修生発表会2013 6月の生タマゴSHOW@メルパルク東京

明確な推しはいないが何となく面白そうだから参戦
今のハロプロ研修生は下は小学6年から上は高校1年までいるので
正直そんなに低年齢アイドル集団という程ではないが、そこは
最近現場でよく見かける女子がほぼ居ない気持ち良いまでのロの字のおっさん巣窟公演
更にヲタが着ている公式の研修生Tシャツが
黄色地に黒字で大きく研修生の苗字が入っているもんだからキモさが倍増

GuSNfnw51565653151.jpg

想像してください
この少女達の苗字を裏と表にデカデカとプリントしたTシャツを来たロリコンキモヲタどもが
ぶつぶつとヲタ論争を交わしながらゾロゾロと駅から会場まで連なって歩いて来る様子を
悲しいかな俺はこの光景を見てコメディなのかホラーなのかも判らなかったわ..

【セットリスト】
01. 天まで登れ!/全員
02. ワクテカ Take a chance/
  金子・高木・田辺・吉橋・田口・小川・小数賀・室田・山岸・野村・金澤・一岡・加賀
03. 好きよ、純情反抗期。/宮本・浜浦・植村・岸本・牧野・和田
04. なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?/浜浦・田口・小川 
05. 五月雨美女がさ乱れる/宮本・高木・植村・金澤・宮崎 
06. 私が言う前に抱きしめなきゃね/宮本・高木・植村・金澤・宮崎
07. オシャレ!/田辺 
08. OK YEAH!/全員
09. ぁまのじゃく/田辺・浜浦・田口・金澤
10. One・Two・Three/宮本・吉橋・小川・小数賀・植村・山岸・岸本・牧野・和田・佐々木
11. すっちゃかめっちゃか~/金子・高木・室田・野村・一岡・加賀
12. ブラボー!/全員
13. 彼女になりたいっ!!!/全員

と、何やかんや云いつつも普通に楽しんでしまった
中でも、ベリの「なん恋」でバスケのジャンプシュートみたいな振りが間奏であるんだが
そこで何人かのヲタが急にてんでばらばらにジャンプシュートを虚空に打ち込みだした時
久々に笑い過ぎて死ぬかと思った
たぶんこの先の人生でどんなに辛いことがあっても
あのヲタ達の不気味で不揃いなジャンプを思い出せば全て乗り越えられるような気がする
それぐらいあのジャンプシュートにはある種の凄みを感じたわ
ありがとうキモヲタ
ありがとうおともだち
あとはやっぱり浜ちゃんが可愛かったっす
会場では踏ん切りがつかず買わなかったが気付けばオクで真っ黄色の「浜浦T」を落としていた
とりあえず今は押入れの奥の方にしまっているが今後どうなることやら..



6月15日(土)
大人の麦茶×ゲキハロ「ごがくゆう」@紀ノ国屋サザンシアター

娘の春ツアーが終わって夏のハロコンまで何もなかったので何となく参戦
席は5列ぐらい
いや、これはもうマジで大発見だったわ
まずアイドルの演劇を小さい箱で観るのが初めてだったんだが
狭い会場の狭いステージでの演劇だと物理的に演者の移動や動きが少なくなるから
普段のライブと違って、ほぼ静止しているアイドルを目の前でずっと凝視出来るのよ
これ、これよ俺が欲してたのは
レスなんていらない握手なんかしなくていい会話なんかどうでもいい認知なんてクソ
凝視がしたいんだよ俺は!美しいものを凝視したいの!
いやもうまじでこんな感じで公演中ずっと目の前に来る鞘師と工藤を穴開けたろかっつーぐらい見続けたね
ほんとに本当に二人とも美しくて可愛くて真面目に溜息が出た
なんかドルヲタ13年目にしてようやく辿り着けたって感じですわ..
で、ストーリーの方はというと、まぁありがちな王家の家督争い云々なので特に語るところなし
とりあえず各メンバーの感想としてはこんな感じ

鞘師:さすがエース様!演技も断然上手い、そしてとにかく可愛い可愛い
譜久村:セリフの棒読みヒドス、あと顔は可愛いんだけど色々全体的に大きい
飯窪:演技は普通、最近メイクと肉付きがよくなったから普通に可愛い
石田:演技はナチュラルで声量もあったから歌より向いてるかも、鞘師の次に上手かった
工藤:どんなに演技しても工藤にしか見えない大根で滑舌も悪い、けどとにかく可愛い

いやー小劇場でのアイドル演劇って最高ですね
そして先月このゲキハロについて公式からのお知らせがありました

>この9月から上演するゲキハロ第13回公演「我らジャンヌ~少女聖戦歌劇~」をもって
>「ゲキハロ」シリーズは終了する事に致します。
>これまでファンの皆様のご支持、ご声援にキャスト・スタッフ一同心から感謝申し上げます。

え? え、、、



6月28日(金)
GRAPEVINE@ZEPP TOKYO

d6h6ch6.jpg

6年振りぐらいのライブ参戦
関西人なのにMCもそこそこに時間が勿体ないと云わんばかりに次々とプレイ
なのにどの曲もどの演奏も素晴らしくてちょっと驚いたわ
最近の邦楽ロックをそんなに聴いてないから何とも云えんが
とにかくメロディ、詞、音、演奏技術等々全体的に相当レベルが高いし
常に守りに入らず進化し続けている数少ない信頼出来るバンドだと思う
とか云ってるが俺も最近になって見直した部類だけど^ ^
ま、興味ある人は是非アルバムを聴いてみて
売れてた初期のも良いけど2011年に出した「真昼のストレンジランド」が俺は好き

【セットリスト】
01. なしくずしの愛
02. 冥王星
03. I must be high
04. 迷信
05. マリーのサウンドトラック
06. うわばみ
07. コヨーテ
08. ピカロ
09. Wants
10. Pity on the boulevard
11. 1977
12. It was raining
13. 太陽と銃声
14. われら
15. 虎を放つ
16. NOS
17. 白日
18. ナポリを見て死ね
19. 片側一車線の夢
20. 無心の歌
<アンコール>
21. Darlin' from hell
22. Reverb
23. フラニーと同意
24. 真昼の子供たち
<ダブルアンコール>
25. 作家の顛末







6月29日(日)
モーニング娘。「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」発売記念個別握手会@ベルサール汐留

とりあえず壮大に遅刻
今回は飯窪さんの券とかもあったのに溶かして結局まーさんの数枚のみ
そして毎度のことながら会話する話題がなくて苦しむ俺
更に会話をしたらしたで幻想上の破天荒まーちゃんとのギャップに萎えるという身勝手っぷり
そりゃ所詮ちょっと天然な中学2年生ぐらいなんだから会って話せばまぁ普通の子だわな..
こんなんならもういっその事
最近は現場に行っても大してテンション上がらないし
メディア越しに勝手に肥大化させたキャラとモニター越しに見る肉体こそがすべて!
と割り切った在宅ポジションでもいいかもしれんなと思う今日この頃
なんかさぁ
最近の酷い握手会漬けとか極悪ランダムBOXチェキとかステマ芸能人雇ったりとか
裏で糸引いてるのが見え見えな強引なキテルキテル感作りにも正直萎えてるんですよ
余計金落とす気なくなるつーか
普通にやって普通に売れるもの作りなさいよじゃないが
普通に曲売って普通にホールクラスでツアーやってりゃいいじゃん
グッズぐらい幾らでも買ってやんよ



U.エーコ「薔薇の名前」上下巻
幸村誠「ヴィンランド・サガ」13巻
瀧波ユカリ「臨死!!江古田ちゃん」7巻
押見修造「ぼくは麻理のなか」1-2巻
アダチケイジ/森高夕次「グラゼニ」1-11巻
スマイレージ「②スマイルセンセーション」
The XX「Coexist」
The Beatles「THE BEATLES」
SPECIAL OTHERS「PB」
Joey Beltram「Joey Beltram」
Lekebusch Cari「Det Jag Vet」
THEO PARRISH「SOUND SIGNATURE SOUNDS」
Adam Beyer「Essential Underground Vol.9」
NUMBER GIRL「OMOIDE IN MY HEAD 2 記録シリーズ2」「OMOIDE IN MY HEAD 3 記録映像」
V.A.「Hello!Project 春の大感謝 ひな祭りフェスティバル2013.3.3 完全盤 [BD]」
スマイレージ「スマイレージコンサートツアー2011秋~逆襲の超ミニスカート~ [BD]」

最近かなりスマイレージスマイレージていうか
あやちょあやちょですわ ^q ^

Category : others
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。