†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

スポンジのプライドぶらさげて

いい加減年の瀬なんで下書きの寄せ集めでも投下



先週の金曜日というかクリスマスウィーク
仕事納めも兼ねて職場の人らと何となく六本木に飲みに行ったんだが
擦れ違う人間の9割5分がカップルでびびった
一瞬何かの撮影かトゥルーマンショーにでも巻き込まれたのかと思うぐらい
それにしても毎度ながら
なんでみんなあんな恋愛やら結婚やらに必死になってんだろなと
俺の周りでも一言二言目にはどこの誰が可愛いやら格好いいやら来週の合コンの面子が何だの婚活BARに行っただの‥
君らの趣味はそれしかないのか
そんな話ばかりしててつまんなくないのかよとほんと思う、不思議すぎる
てきとーに出会って相性が良さげならてきとーに付き合って
一緒に暮らせそうならてきとーに結婚でもすればいいんじゃないの?
そしてダメになったらそこで別れればいいじゃない
それに、恋愛する自由もあればしない自由もあるはずで
バカみたいにこぞって恋愛資本主義に踊らされなくてもいいじゃん
強迫観念のように恋愛勝ち組とやらを目指さなくてもいいじゃん
一方で、そういう人たちに対して過敏に拒否反応を示さなくてもいいじゃん
必死な人は何に対してなぜ引け目を感じてしまうのかを少し考えれば済む話ではないのか?
最近本気でうんざりしつつある
もっと気楽にだらだらいこうよ



ガンダムウォーのデッキを失くした..
そこそこ金も掛かってたし、かなり気に入ってたデッキだったんだが
どうも電車の中に置き忘れたっぽい
結構がっくりきた
なんか完全に決別する音が聞こえてしまったわ
ということで
いいきっかけなんで敢えてもう探さないことにした
新しいことにチャレンジするのもいいがこれ以上趣味を増やす訳にもいかないし
相当に圧倒的なものでないとなぁ
それにしても
誕生日にこの仕打ちはどうなんだ
相変わらずといえば相変わらずだが地味に酷いぜ..



【MW2】吹き替えにへこまずMW2 日本版手に入れましたw【part20】
なんやかんやでもう1年以上Xboxを買うかどうかで迷ってる
洋ゲーやりたいから買ったら絶対楽しめるのは判ってるんだが
家にゲームがあったら他に何もしなくなるのも判ってる
それに映画を観たり、音楽を聴いたり、小説やマンガを読んだ後と違って
ゲームをやった後のあの何ともいえない虚しさがどうもね
正直、賢者モードをも超えるものがある
で、結局何が正解かは判らんが
最近どうも自分の欲望を上手くコントロール出来ていない感があるので
その辺を少し改善してから買うことするわ
今から買う日が楽しみ



【スラムダンク】 山王 vs 湘北 2Q [NBA2K9]
スラムダンクで一番好きなシーンは
県大会決勝リーグの湘北vs綾南の前半
桜木が福田にコテンパンにやられた上に頭に怪我をして一時退場するシーン
コート脇で仰向けになって彩子の治療を受ける桜木に
晴子が怪我を心配して駆けつけようとするが
彩子が手で制止し、首を振ってその場に来ないよう合図する
桜木の体はあまりの悔しさにプルプルと小刻みに震えてて
観客席から水戸洋平が呟く
「ぐうの音もでねー‥‥‥弁解の余地もないくらいに負けたな」
「花道にとっちゃ人生でワースト3に入るくらいの屈辱だ」
額から滴る血と全身の震えはなかなか止まらないが
コートでは前半終了のブザー寸前に湘北の3Pが決まり
ガッツポーズする三井と喜び駆け寄る湘北メンバー
桜木はずっと天井を見つめていて
やけに耳に入る他人事のような歓声が
やたら悔しかった

ここがすんごく好き
震えるぐらい悔しい想いなんて自分はもうしなくなったからなぁ..
で、その代わりに何を手に入れたのかと考えても
ろくなものではないのは確かだな
来年はもう少しマシなものを手に入れれればいいんだが



青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」
ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」
古東哲明「ハイデガー=存在神秘の哲学」
夏井睦「傷はぜったい消毒するな」
芦奈野ひとし「ヨコハマ買い出し紀行」1-4巻
あずまきよひこ「よつばと!」9巻
入江亜紀「乱と灰色の世界」1巻
ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」1巻
福島聡「機動旅団八福神」10巻
松本次郎「フリージア」12巻
Oscar Peterson「We Get Requests」
Eric Dolphy Quintet with Booker Little「Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1」
Helen Merrill with Clifford Brown「helen merrill」
John Coltrane「BLUE TRAIN」
Miles Davis Quintet「Cookin'」
Red Garland Trio「Groovy」
JAZZANOVA「of ALL THE THINGS」
Christian Prommer's Drumlesson「Drumlesson Vol. 1」

よつばと!は全くクオリティが落ちないのが凄い
あと、とーちゃんとあさぎがいい感じなのも凄く気になる
今後の展開に期待

98743621+9688.jpg
デリック・メイの「Strings Of Life」やAMEの「rej」などテクノ・ハウスの名曲を
JAZZ風にカバーしてるChristian Prommer's Drumlessonの1stアルバム
ライブの様子はこんな感じ
全員が鬼のように正確で上手い上にグルーヴ感がやばい
これを酒飲みながら生で聴けたら即死もある
極上だわ

ということで出来れば明日も更新を

Category : others
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kenrow.blog51.fc2.com/tb.php/105-b7eaba99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。