†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

Mutations


11月3日(金)
たっぷり睡眠を取ってから渋谷へ
で、青山ブックセンターでやってた山形浩生×仲俣暁生のトークショー観てきた
『あたらしい教科書 コンピュータ』の発売記念のやつ
観た感想としては
意外と至極まっとうな事しか云ってないなって感じか
実は生山形って初めてだったからちょっと楽しみにしてたんだけどなぁ..
でもまぁ、その中でも
テクノロジーの進化によって人間の欲望も進化するって話は結構面白かった
例えば、多くの人はmp3プレイヤが世に出るまで
自分が所有してる全ての音楽を外に持ち歩きたいとは思っていなかったはず、とかは
普通になるほどなぁと思った
あと、最後の方で
将来的に人間の体の中にに機器やチップを埋め込んだりして
人間とコンピューターが融合していった場合
ヒトはどのようにしてアイデンティティを確保するのかみたいな
SFではよくある話をしてたんだけど
それって云うほどそんなに大した問題なんかな..
だって、これまでも科学の名の下に自らの身体と感覚を拡張してきたし
それと、人間とPCとの融合ってどう違うの
人間の体ってそんなに大事なもんなの
いまいちその辺の感覚がよくわからん..

で、その後はお決まりの如く
電子街行ってあいやまいたおと焼肉食ってコスチャ行って連ザして帰宅
まぁ、いい加減変化が欲しいなっていうか
せなあかんなっていう



荒木飛呂彦「STEEL BALL RUN」10巻
岸本斉史「NARUTO」35巻
倉知淳「星降り山荘の殺人」

Category : book
Posted by 犬狼 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kenrow.blog51.fc2.com/tb.php/25-1af55cbf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。