†犬狼捕食日記†

死ぬ程状況を笑うためとかメモとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 犬狼 on  | 

何も知らない

なんでだろ
ずっと死ぬ程眠い..

yuuya.jpg

「誰も知らない」
「ワンダフルライフ」の是枝監督作
とりあえず主演の柳楽君がかなりエロい
話はかなり平坦だったが特にダレた感じはしなかったし
リアリティもあって最後まで充分楽しめた
ただ
鑑賞後にこの作品のモチーフとなった「巣鴨子供置き去り事件」を調べてみたら
この作品があまりにも事件や事件関係者を美化したものだと判明して
正直どう評価していいのかよく判らなくなった
映画作品自体は良かったが
あまりにもモチーフとした事実と懸け離れている
結局はどの文脈で読み解くかということなんだろうけど
ま、厳しめに付けて
★★★☆☆
ぐらいか

それにしても
改めてWikiの日本の刑事事件を見ると凄いね
特に「津山30人殺し事件」とか「女子高生コンクリート詰め殺人事件」とか
同じ世界で起こった事だとは到底思えない

Category : movie
Posted by 犬狼 on  | 4 comments  0 trackback

人生を無駄にする


9月24日(日)
ぽー&しのとシネマライズで「サム・サッカー」を観る
指しゃぶりが直らない高校生が家族と共に自己を肯定していくという話
かなりベタなストーリーだったけど
ラストの怒涛のたたみ掛けはちょっとヤバかった
ふぅ..
あと、キアヌが微妙にいい味出してた
★★★☆☆
映画観た後は3人で原宿までぶらぶら
普段絶対行かないようなロリータな店とか観てまわったりして中々楽しかった
それからテキトーに飯食って解散

夜、家に帰って
フランクリン・J・シャフナー監督(ブラジルから来た少年とか猿の惑星)の「パピヨン」を鑑賞
papillon.jpg

スティーヴ・マックィーンとダスティン・ホフマン主演の実話を基にした脱獄モノ
フランス映画にしては重厚感タップリでザ・映画って感じ
とにかく主役2人の熱演ぶりが尋常じゃなかった
★★★★☆ってとこか
とりあえずオススメ



9月26日(火)
ウチの新社長が決まったが
まさか2ヶ月前に焼肉奢ってもらった人だとは
ま、テキトー頑張ります



すぎむらしんいち/リチャード・ウー「ディアスポリス」1巻
オノ・ナツメ「La Quinta Camera」
山本文緒「眠れるラプンツェル」
GREEN DAY「american idiot」

Category : movie
Posted by 犬狼 on  | 3 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。